>HOME>病院のご紹介>院内活動

 

当院では、より良い医療を提供するため院内勉強会や発表会を実施しております。
その一部をご紹介いたします。

2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年  2016年〜

◆2011年12月15日 院内勉強会 〈臨床工学技士・看護師対象〉

臨床工学部主催で、新規導入となった二相式気道陽圧ユニット「オートセットCS」に
関する勉強会を開催しました。メーカー担当者より「機器の特性、特徴、使用による
期待効果」等について説明を受けました。

オートセットCSは、自発呼吸が減衰した方の呼吸を補助するマスク式人工呼吸器です。

◆2011年12月7日 院内勉強会<医師・看護師・薬剤師対象>

薬剤部主催。新規採用薬の特徴や注意点を知る事により、医療安全を向上させるための
勉強会が開催されました。対象は医師、看護師、薬剤師。メーカーの担当者より「使用の取り扱い」「副作用が出現した場合の対応」等について説明していただき、個別に質問応答をしました。

◆2011年12月5日 医療安全勉強会<全職員対象>

医療安全対策委員会主催。「トランスファーの介助について」、「個人情報の取り扱いについて」の勉強会が開催されました。医療従事者は職種に限らず、患者様の移乗をお手伝いすることがあります.患者様をより安全に介助できるように努めていきたいと思います.

◆2011年11月16日 院内勉強会<全職員対象>

「間質性膀胱炎・水圧拡張術」をテーマに
診療部からコメディカルへの教育目的の勉強会が開催されました。

◆2011年10月11日 秋季消防訓練

徳島東消防署さんのご協力で、秋季 消防訓練を実施しました。

  1. 通報
  2. 避難訓練
  3. 消火器による消火訓練
  4. 病院から全職員への業務連絡の発信テスト

訓練に限らず、日々の意識改革にも勤め、患者様を安全に避難誘導できるよう努めていきたいと思います。

◆2011年9月6日、7日 内部監査員勉強会<内部監査員対象>

今回は「有効な内部監査を目指して」をテーマに勉強会を実施しました。「有効性監査とは」「品質マネジメント8原則」「ケーススタディ内部監査」等について、実際の監査でどのようにアプローチするかについて講義をした。9月には内部監査を予定しています。

◆2011年8月30日 第8回 院内発表会

第8回院内発表会を実施しました。4部署から6演題が発表されました。27名のスタッフが聴講しました。今回は、教育講演として神山院長に講演をしてもらいました。

演題1:
 ES(Employee Satisfaction)−亀井病院の更なる変革、成長をめざして−/事務部

演題2:
 糖尿病性壊疽による下肢切断後の創部ケア/看護部

演題3:
 透析中の抜針事故ゼロを目指して!/看護部

演題4:
 みんなでチェックして危機管理意識を高めよう!防ごうインシデント!!/看護部

演題5:
 緩和ケアにおける食事調査/栄養部

演題6:
 挑戦!プロフェッショナルを目指すための一つの方法/放射線部

教育講演:
 患者さんの話を聞こう/病院長

◆2011年8月25日 接遇勉強会

接遇委員会主催で「社会人として知っておきたいビジネスマナー」をテーマに
開催しました。電話応対や名刺交換、個人情報の取り扱い方など、社会人と
して当然知っておきたいマナーを学びました。

◆2011年8月22日 中間管理職者研修

外部講師をお招きし、「管理職者の役割について」をテーマに中間管理職者を
対象とした研修会が開催されました。経営とは何か?管理者の役割とは?との
講義を受けました。

◆2011年8月8日 人工呼吸器勉強会

新しい人工呼吸器を性格に使用するためその使用方法について学びました。

◆2011年7月25日、27日 ISO9001勉強会<全職員対象>

全職員対象のISO9001勉強会がを「リスク評価」をテーマに開催されました。
BCMS(事業継続マネジメントシステム)を題材に講義を受けたあと、災害時などを
想定して、各部署での影響やそのリスクを考えながらディスカッションしました。

◆2011年7月14日、15日 持続型赤血球造血刺激因子製剤の勉強会

薬剤部主催。新しく承認された薬剤の特徴や効果を知るため、「持続型赤血球造血刺激因子製剤の勉強会」が開催されました。

◆2011年7月13日 感染対策・医療安全対策勉強会

感染対策委員会と医療安全対策委員会の主催で「感染性廃棄物処理と針刺し事故防止対策」をテーマに勉強会が開催されました。感染性廃棄物処理に関する法律、当院の現状と問題、是正処置、針刺し事故についての講義でした。

◆2011年7月5日、8日 エネルギー消費を抑えるための勉強会

事務部の主催で「エネルギー消費を抑えるための勉強会」を開催しました。開院以来、エネルギー消費(使用量)が増えてきていることや、現在の世情を踏まえエネルギー節約の取り組みの一環としての勉強会です。今後、職員が一丸となって省エネを意識し、節電に取り組むように努めていきます。

◆2011年6月20日 医療安全勉強会

医療安全対策委員会が主催で医療安全に関する勉強会を開催しました。今回は「災害時のマニュアル」と「医療被ばく」をテーマに実施しました。地震・災害時におけるマニュアルを再度見直し、具体化させ院内、スタッフへ周知しました。原発事故によって放射線被ばくに関して関心が高まっています。医療職として正しい知識を持つため、医療被ばくをテーマに講義をしました。

◆2011年6月8日 緩和ケア勉強会 第3回目

第3回目の緩和ケア勉強会です。
「精神症状〜気持ちのつらさ、せん妄、コミュニケーション〜」の講義や、
地域連携についての話題をききました。

◆2011年6月1日 緩和ケア勉強会 第2回目

前回に引き続き、緩和ケア勉強会第2回目が開催されました。
「癌性疼痛の評価と治療」、「呼吸困難」、「消化器症状(嘔気・嘔吐)」に
ついての講義でした。

◆2011年5月25日 緩和ケア勉強会 第1回目

診療部・看護部主催で、診療部からコメディカルへの教育として緩和ケア勉強会を実施しました。第1回目は「緩和ケア概論、がん疼痛の評価と治療」という講義でした。

第2回目の講義では「癌性疼痛の評価と治療」、「呼吸
困難」、「消化器症状(嘔気・嘔吐)」について学ぶ予定です。

◆2011年5月18日 倫理教育

「臨床研究における利益相反」をテーマに
副院長から臨床倫理についての講義がありました。

  1. 利益相反とは
  2. 臨床研究と利益相反
  3. 利益相反に関する3つの誤解
  4. JSMO(日本臨床腫瘍学会)の取り組み
  5. 臨床研究発表時の基本的ルールについて

◆2011年4月26日 春季 消防訓練

徳島東消防署さんのご協力で、春季 消防訓練を実施しました。

  • 通報、避難訓練
  • 消火器による消火訓練
  • 地震震体験車による地震体験
訓練に限らず、日々の意識改革にも勤め、患者様を安全に避難誘導できるよう
努めていきたいと思います。

◆2011年4月25日 透析勉強会

診療部・看護部主催で「血液透析、腹膜透析のしくみ」などの基礎から概論の勉強会を開催しました。診療部からコメディカルへの教育としての講義でした。

◆2011年4月7日 輸血に関する勉強会

薬剤部と医療安全対策委員会が主催で医療事故防止のため、基本事項を周知する目的で「輸血製剤の取り扱いについて」をテーマに血液センターの方を講師に招き、勉強会を実施しました。血液製剤の種類、保管方法、使用時の注意点を、医療安全を中心に講義していただき、最近の事故例を挙げて特に注意すべきことを再確認しました。

◆2011年3月29日 感染対策勉強会

肝炎ウイルスの病態、治療、感染経路を知り感染予防に繋げることを目的として、感染対策委員会主催で「肝炎ウイルスと感染制御」をテーマに、感染対策委員長が講義を行いました。

  • ウイルス性肝炎の世界的動向、日本での推移
  • 感染経路と予防策(母児感染、STI、輸血など)
  • 透析施設におけるB型肝炎の問題点と対策
  • C型肝炎の動向と治療
  • 針刺し事故防止策と事故発生時の対応
  • ワクチン接種の有効性
    など

◆2011年3月28日 新入職員研修プログラム

毎年、新入職員を対象に研修プログラムを行っています。 今回も4名の新卒者に対して実施しました。

  1. 就業規則/総務課長
  2. ISO(倫理教育含む)/品質管理室 主任
  3. 診療報酬/医事課長
  4. 感染対策/感染対策委員
  5. 接遇/接遇委員長
  6. 医療安全/医療安全推進者
  7. 医療機器/医療器機安全管理責任者
  8. 総括/品質管理室 室長

◆2011年3月15日、16日 接遇勉強会

接遇委員会主催で「周囲の人の性格を知る目を養い、日常業務の中での気配り・心配りに役立てよう。」を目的に接遇勉強会を開催しました。「タイプ・チェックリスト」を使用して、周囲の人(職場内)のタイプ分けと分析を行いディスカッションしました。

◆2011年2月22日 第7回 院内発表会

第7回院内発表会を実施しました。5部署から5演題が発表されました。手術の関係で夕方遅めの開始時間となりましたが、28名のスタッフが聴講しました。今回は、「明日から“タメ”になる先輩のミニレクチャー」を企画しました。

演題1:
 低温透析による透析低血圧症の防止と寒さ対策/臨床工学部

演題2:
 緩和医療におけるリハビリテーションの検討/リハビリ部

演題3:
 当院におけるオピオイドローテーションの現状と問題点/薬剤部

演題4:
 10年間のインシデント・アクシデントレポートの報告/医療安全対策委員会

演題5:
 膀胱小細胞癌の1例/診療部

演題6:
 リハビリテーション部における患者の分析/リハビリ部

明日から“タメ”になる先輩のミニレクチャー:
 CL-Gap(クリアランスギャップ)法/臨床工学部 副主任

◆2011年2月18日、19日 内部監査員勉強会

内部監査の質を向上させるために内部監査員勉強会を年2回取り組んでいます。 今回のテーマは「ISO規格を学ぶ〜第6,7,8章を中心に〜」として、JIS9001:2008の規格要求事項について、内部監査員として理解が必要なポイント、規格が求めていることを改めて解説し、実際の監査でのポイントも含めて講義を行いました。2011月3月に定期内部監査を実施予定です。

◆2011年1月18日、19日 ISO9001勉強会<全職員対象>

ISO9001勉強会を実施しました。定期的にスタッフ全員を対象としたISO9001勉強会を開催しています。今回は、難しい内容ではなく、「自分自身をふりかえる〜患者・同僚とよりよい関係を築いていくために〜」をテーマにした内容で、交流分析を用いて各スタッフが実際に自己分析をしました。今後の円滑なコミュニケーションに活かせる勉強会となりました。

2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年  2016年〜
Copyright (C)2006- KameiHospital All rights reserved
 
 
 このページはFlashを使用しています。
 お持ちでない方は、お手数ですがFlash player(無料)のインストールをお願い致します。