>HOME>病院のご紹介>沿革

 

■昭和52(1977)年
徳島市八万町中津浦に個人病院として「亀井病院」設立。外科・整形外科中心の診療を行ってきました。


■昭和55(1980)年
旧病院に入院室と訓練室を増築しました。


■平成 2(1990)年
個人病院から医療法人になりました。
法人の名称については、いろいろと考えて『尽心会』と命名しました。
日常診療に際して医療技術の卓越は勿論必要でありますが、メンタル面、心の問題を重視することの大切さを強調するため『尽心』、心を尽くす組織『尽心会』としました。


■平成 6(1994)年
泌尿器科を増設、同時に人工透析を開始するため透析設備の増設など大改装を行いました。
しかし、その後、透析患者さんの増加により透析ベッドの不足と透析室の狭小化が起こってきました。


■平成12(2000)年
昭和52年の開院以来23年以上経って設備も古くなり、新しいニーズに応えるため新病院の建設を決定しました。設計においては、光と風を十分に採り入れて広々とした病院を、とお願いしました。


■平成16(2004)年 3月
ISO9001を取得、質の高い医療サービスを提供する病院として認定を受けました。


■平成16(2004)年 6月
八万町寺山に医学の進歩と時代のニーズに応えられる最新の医療機器と院内デジタルシステムを備えた泌尿器疾患中心の充実した新病院が完成しました。
 この建物は、建築雑誌『現代建築』(2005年)に掲載していただきました。 また
 『2005年度 徳島市街づくりデザイン賞』の「コミュニティ空間賞」を受賞しました。


■平成22(2010)年12月
次世代育成支援対策法 くるみんマークを取得しました。
子育て支援を積極的に取り組む企業として、徳島県内では4番目となる認定です。


■平成23(2011)年 4月
日本医療機能評価機構 Ver.6.0 の認定を受けました。第三者機関による医療機関の評価で、質の高い医療サービスを提供する病院として認定を受けました。

日本緩和医療学会から認定研修施設の認定を受けました。

院長に、前徳島赤十字病院 副院長・救命救急センター長 神山 有史医師が着任しました。
理事長・院長の亀井 英文医師は、理事長として総合診療科外来・病棟診療を継続しています。


■平成23(2011)年 6月
これまで以上に質の高い医療の提供を目指し、電子カルテを更新しました。


■平成24(2012)年 6月
情報公開レベル優良医療施設「はとはあと」3/STAGE-1の認定を受けました。


■平成25(2013)年 1月
院内検査システムを導入しました。


■平成27(2015)年 11月
理事長に亀井一成が就任しました。


■平成28(2016)年 4月
日本静脈経腸栄養学会 NST稼働施設として認定されました。

日本医療機能評価機構の実施する病院機能評価3rdG:Ver1.1の認定を受けました。

 

職員は病院の理念である『よりよい医療』を提供するため、日々研鑽に努めております。
患者様に納得して喜んでいただける医療、患者さまのすぐ傍らにおられるご家族にも喜んでいただける、心の通った医療を目指し、スタッフ全員で協力しております。

Copyright (C)2006- KameiHospital All rights reserved
 
 
 このページはFlashを使用しています。
 お持ちでない方は、お手数ですがFlash player(無料)のインストールをお願い致します。