>HOME>病院のご紹介>ご挨拶

理事長就任のご挨拶

私たちの病院は1977年(昭和52年)、地域への医療貢献を目的に、徳島市八万町中津
浦において前理事長亀井英文が創立しました。
当初の個人病院を経て医療法人となり、八万町寺山に移転し、2016年4月に創立39年
を迎えました。

現病院は21世紀という時代の要請に応えるべく、2004年に腎泌尿器疾患にフォーカス
した病院として移転開院しました。「機能分化と連携、そしてプロフェッショナルとしての
自己研鑽とチーム医療を通じた安全性・効率性の追求、その中にあって患者さんに寄り
添う医療」を旨に運営してまいりました。

このたび私が理事長に就任いたしましたが、前理事長の運営方針を継承し「よりよい医療
を提供し社会に貢献する」という当院の理念を実践するため、教育訓練に励み、自律と豊
かな発想を大切にした効果的な運営を進め、職員が誇りと自信を持って活躍できる環境
整備を続けてまいります。

皆さまには相変わりませずご支援ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

平成28年4月

医療法人 尽心会 理事長

平成23年 4月 1日付けで院長に就任しました神山有史です。

当院は1977年に八万町中津浦に亀井英文理事長が開院し、本年で35年目を迎えています。
開院の精神は「尽心」であり、「心を尽くして患者に接する」ことをモットーに病院の理念「より良い医療を提供し社会に貢献する」ことを目指します。

病院は4つの基本方針

  1. 患者さんの話に耳を傾ける医療
  2. 職員全員が医療人としての技量を発揮するチーム医療
  3. 患者さんの健康回復、社会復帰を目指す医療
  4. 県内外の医療機関との連携
を掲げ、職員全員で患者さんが健康回復に取り組むことを、医療的にそして精神的に支援します。

 当院は腎・泌尿器疾患、急性および慢性腎不全患者さんへの透析治療に特化した病院として地域の皆さんに最新の医療を提供してきました。そして緩和医療には17年前より取り組んでまいりましたが、本年4月に日本緩和医療学会の研修施設に認定されました。
 痛みは生活していくうえで最大の悩みであり、痛みは全身の力をなえさせ、精神的にも肉体的にも体をむしばみます。痛みがなくなれば生活する元気がみなぎり、生活の質が改善され、社会生活に復帰できます。
 我々亀井病院職員一同、がん患者さんの早期より、患者さんの痛みや痛みに伴う悩みの解消に力を注いでいます。がん患者さんの痛みの軽減、治療に当たっては地域医療機関との連携が密でなければなりません。
 地域の皆さんとの連携を深め、がん患者さんの痛みの軽減、社会復帰に貢献していく所存でございます。
 今後とも、応援、連携のほどよろしくお願いいたします。

 

平成23年4月

医療法人 尽心会 亀井病院
院長

神山 有史

皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度、徳島市八万町寺山に新しい医療機器、院内デジタルシステムを導入し、
光と風を十分に取り入れ、広々とした腎泌尿器疾患専門病院が完成しました。

八万町中津浦での病院開院以来27年、地域の皆様方に支えられて参りましたが、
医学の進歩と時代のニーズに応えるため移転することとなりました。

今後は、地域医療に取り組んでおられる先生方、
ならびに地域中核病院、 大学病院との連携をより大切にいたしまして、
一人ひとりの患者さんに良質な医療を適切に提供すべく、職員一同研鑽に励み
温かい心の通った診療を行って参ります。
何卒、ご指導ご鞭撻のほどお願い申しあげます。

 

平成16年6月

医療法人 尽心会 亀井病院
創立者 名誉院長

Copyright (C)2006- KameiHospital All rights reserved
 
 
 このページはFlashを使用しています。
 お持ちでない方は、お手数ですがFlash player(無料)のインストールをお願い致します。