>HOME>病院のご紹介>病院だより

 
~2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年  2016年~



2012年12月29日 ピアノ
3Fデイルームにピアノを設置しました。
写真だけ見ると、どこかのサロンのようです。
年明けには素敵な演奏会を計画しています。

 
ところで今年もあと2日です。
2013年がみなさんにとってよい1年でありますよう
に。
来年もよろしくお願い申しあげます。



2012年12月中旬 院内検査機器(血液)が新しくなりました
血液検査の機器が新しくなりました。
年明けには院内検査システムが電子カルテと連携され、
外来、病棟、透析室など現場の電子カルテへ検査結果が
速やかに反映されるようになります。
設置場所は今までと同じ検査室内なのですが、検査機器
の移動や連携システム導入に伴い、プチリフォームを
実施しました。(日曜大工は事務部が担当しました)。
 
 

看護部は、誰もが検査機器を使えるように使用方法のレクチャーを受けました。
 



2012年12月12日 インフルエンザ対策
徳島県では平成24年第49週の時点で 8件のインフルエンザ(A型7件、AB両方陽性1件)が
報告されています。当院では感染対策のため、全職員がマスクを着用しています。
また、来院される患者さんや付き添いの方、送迎者や業者の皆さんにもマスクの着用を
お願いしたり、病棟(病室)のドアを閉めておくことを徹底したりしています。

ところで、インフルエンザ予防には3つのポイントがあります。ご存知でしたか?

 1.感染経路を絶つ!
   ・外出時はマスクをつける
   ・人ごみは避ける
   ・うがい手洗いをこまめにする
   ・適度な湿度(50~60%)を保つ
 2.抵抗力をつける!
   ・十分な睡眠をとる
   ・バランスのよい食事をする
   ・適度に運動する
 3.免疫力をつける!

   ・ワクチン接種を受ける
 
インフルエンザにかかってしまうと、38℃以上の高熱や悪寒、関節痛、呼吸困難などの
症状がみられ、重篤な場合は命にかかることもあります。3つのポイントを抑えて元気に
冬を過ごしましょう。  



2012年12月 1日~ 2日 第15回 日本腎不全看護学会学術集会・総会
第15回 日本腎不全看護学会学術集会・総会がひめぎんホール〔愛媛県松山市〕にて開催され、
当院からは看護師2名が参加してきました。
 
  
  今回は「支え合う腎不全看護チーム力
   ~全国から地方へ、そして地方から全国へ~」 をテーマに
  開催されました。腎不全医療に携わる多くの職種によるチーム
  医療の大切さを感じるとともに、あらためて「看護とは」と、
  考えさせられました。
  また、私は一般演題(口演)「看護・その他」のセッションで
  座長をさせていただきました。
  有意義な時間を共有することができました。
                       〔看護部:柏木〕
 



2012年11月27日 ようこそ!
育休中の岡川さん(事務部)が、6ヵ月の息子さんと一緒に来院されました。
何度か病院に来てくれていますが、大勢のスタッフに囲まれても人見知りせず、
いつも元気な笑顔を見せてくれます。かわいい成長ぶりに、上司も目を細めて
喜んでいます。あわただしい業務の合間に、心なごむひとときでした。
 



2012年11月25日 第43回徳島透析療法研究会、第2回中四国臨床工学技士会学術大会
第43回 徳島透析療法研究会が四国大学〔徳島市〕を会場に開催され、
当院からは医師1名と、臨床工学技士2名が発表しました。
 ・榊   学:診療部---血液透析患者に合併した前立腺膿瘍の一例
 ・石田太一:臨床工学部---検体採取量による生菌数への影響
 ・山沖裕也:臨床工学部---
透析情報TV配信サービスの運用状況
この技士2名は今春入職した職員で、今回が「発表デビュー」でした。
  
 同日、サンポートホール高松〔香川県高松市〕
では第2回中四国臨床工学技士会学術大会が開催
されており、技士が1名聴講してきました。


どちらもいい勉強になったようです。
 



2012年11月21~22日 八戸平和病院〔青森県八戸市〕見学
医師2名、看護師2名が八戸平和病院の手術室を見学させて頂きました。
TULを4例見学し、模型(手術用トレーニングキット)を用いての研修もしました。
快く受け入れてくださった八戸平和病院の皆さま、ありがとうございました。 
  
 帰り道、駆け足で
 伊達正宗〔仙台市〕にも会ってきました。


 とっても寒かったので、戻ってきたら
 「徳島は暖かい!」と感じました。
 



2012年11月某日 日が短くなりました
11月も中旬を過ぎ、日が暮れるのが早くなってきました。
17:30には車もライトを点灯して走っていて、病院前には光の道ができています。
朝晩も冷えてきました。体調をくずさないよう、体調管理に注意しましょう。
なお、当院では現在、平成24年度のインフルエンザ予防接種を受け付け中です。
 



2012年10月16日 消防訓練
定期の消防訓練がありました。
夜勤帯の病棟(病室)で火災が発生したことを想定して、火元確認・消防局への
通報・患者搬送の流れを一通り確認しました。また参加者全員が消火器や消火栓を
実際に使って消火訓練をしました。講師をしてくださった徳島東消防署の方は
「訓練していないことは、本番(=実際に火災が発生した時)には出来ない」と
仰っていました。火災が発生しないことが一番ですが、万が一の時も慌てず
安全に対応できるようにしたいです。



2012年10月某日 午後の一コマ
  穏やかな秋の日差しのとある日、
お昼休みに理事長先生の後ろ姿をパシャリ!

外来の観葉植物がいつも活き活きしているのは、
理事長先生がこのように
お手入れしてくれるからでした。



2012年10月 5日 病院広報実務者会議
第6回 病院広報実務者会議 in 広島に広報委員が2名参加しました。
発表(6題)と特別講演を聴講し、たくさんの事例やアイデアを頂いてきました。
二人とも目からウロコのひと時で、とても勉強になりました。夜の部(交流会)は「病院広
報実務者スペシャル会議 in 広島」とのことでしたが、各病院の広報担当の皆さんから活動
についての具体的なお話も聞かせて頂き、本当にスペシャルな会議でした。
さて、参加した2名の広報委員は「できることから、早速とりくんで行きましょう!」と
決心しました。広報誌やホームページをはじめ、これからの亀井病院のさまざまな広報活動
にどうぞご期待ください。
 



2012年10月 キンとギン
風向きにもよりますが、この時期ほのかな秋の香りが楽しめます。
オレンジの可憐なキンモクセイと、清楚なギンモクセイ。
葉の縁の形が少し違うようです。あなたはどちらがお好みですか?
花言葉はキンモクセイが「謙虚・謙遜、真実」、
ギンモクセイが「初恋、唯一の恋」だそうです。
どちらも当院の駐車場で咲いています。
 



2012年 9月 302号室からの眺め
  3F病棟、302号室(4床)から西向きの眺めを紹介します。
目の前には田園が広がり、みどりたっぷり、心安らぐ
風景です。正面に国道438号線があり、車や人の往来が
見えるので、入院生活の中にあっても景色や時間の変化
が感じられるという感想をいただいたことがあります。
左手には遠く大川原高原の風車も見ることができます。
午後からは日差しがたっぷり入ります。
 



2012年 8月27日 パイナップル

 1F階段の向かいにあるプチギャラリーに生け花が飾られています。
こまめに活け替えられており、毎回たのしみにされている方も多いのではないでしょうか。
今回は秋の気配を感じる生け花でしたが、よくよく見ると… 




2012年 8月26日 家庭でできる糖尿病食 写真料理コンテスト受賞

 徳島市医師会主催、第3回「糖尿病食の料理を考えよう」家庭で
できる糖尿病食 写真料理コンテストに当院の調理師 宮本久美さん
の『in徳島おもてなしモーニング』が優秀賞を受賞し、表彰され
ました。昨年に続き、2度目の受賞です。

徳島市医師会のサイトはこちらから
家庭で出来る!糖尿病食写真コンテスト
最終選考結果発表!
 
 


2012年 8月 6日 電動ペーパーホルダー設置

   病棟の車いす用トイレに電動ペーパーホルダー
camitool 紙トール(㈱シコク)」を設置しました。
センサー部に手をかざすと、トイレットペーパーが
自動で静かに出てきて折りたたまれ、カットされます。

ペーパーホルダーに触れることなくペーパーが取り出せるので、
どなたでも安心して使用することができます。
百聞は一見にしかず、
未来の道具のようなこの機械のあるトイレ、ぜひご体験ください。



2012年 8月 バラの花

 病院敷地内で一輪のバラの花を見つけました。
駐車場をぐるりとお散歩すると、
花、果実、虫や鳥…いろんな発見ができます。
外来の帰りに、入院中の気分転換に
敷地内の散策はおすすめです。
 

2012年 7月 七夕飾り

1F総合受付前と3Fデイルームで七夕飾りをしました。
デイルームには大きな笹を準備し、入院患者さんや職員が
一緒に短冊に願い事や短歌を書いて飾りました。

みなさんの願いが天に届きますように…☆

   


2012年 6月22日~23日 第17回日本緩和医療学会学術大会

「ひろく、ふかく、たかく」をテーマに、第17回 日本緩和医療学会学術大会が
神戸国際展示場などを会場として開催され、当院からは2名が発表しました。
・高久  知可:栄養部---終末期がん患者における食事調査 〔口演〕
・岡田 美千子:看護部---終末期がん患者への病名告知と
                   予後告知・DNR説明の現状 〔ポスター〕

 


2012年 6月 4日から、事務部の制服を一新しました

受付等でお気づきになられた方もいらっしゃると
思いますが、8年ぶりに事務部の夏服を一新しま
した。ブラウス、スカーフ合わせて何通りかの
組み合わせがあります。
制服と共に気持ちも一新! さわやかで気持ちの
よい応対を心がけてまいります。
 

◆2012年4月25日~6月4日 第6回院内写真展「花」

暖かい春が来ました。院内写真展、第6回目を行いました。

今回のテーマは「花」です。
デイルームが華やかな春一色となりました。

患者様の声の一部をご紹介いたします。

  • "お庭のお花見に誘ってくれました"と思い出を語って下さいました。
  • いつもみごとです。楽しみにしています。
  • どの作品もすばらしく、かわいい花や、きれいな花に心がいやされました。
  • 次回も楽しみです。
  • いつもすばらしい企画で楽しみです。
  • 企画、準備などいつもおつかれさまです。

今回も取り上げて欲しいテーマを募集しています。
その一部をご紹介いたします。

 「滝の写真が見てみたいです」「夜景」「春・夏・秋・冬」
 「クローズアップレンズでとった花が見たい」「空」「宝物」
 「夏のテーマは”阿波踊り”」

などなど、たくさんのテーマをいただいています。
今後も院内写真展をご期待ください。

◆2011年12月17日~2012年1月31日 第5回院内写真展「冬」

今回のテーマは「冬を感じる一枚」です。

患者様に冬を感じていただけたかと思います。

患者様の声の一部をご紹介いたします。

  • 自然現象のなんと素晴らしい事。
  • 人を引き寄せる科学の力、皆心は一つの人々の気持ちがつたわります。早く見たいルミナリエ。
  • 遠近感がありすいこまれそう。
  • ミニコンサートや写真展など、温かい催し物に感謝です。
  • これからも展示を続けてください。
  • 今回の写真展も、力作ぞろいで選ぶのに迷ってしまうほどでした!次回の写真展も楽しみにしています。
  • 神戸の夜景、素晴らしいです。
今後も院内写真展をご期待ください。

2012年1月30日 神山院長「医療功労賞」受賞

神山院長が第40回医療功労賞を受賞いたしました。

以下、2012年01月25日付、讀賣新聞より

地域医療に尽力した人たちをたたえる「第40回医療功労賞」 (読売新聞社主催、日本テレビ放送網後援、エーザイ協賛)に、 県内から上勝町の同町診療所看護師長、寺西泰子さん(51)、 徳島市の亀井病院院長、神山有史さん(65)、県立中央病院 精神科部長、吉田成良さん(65)の3人が選ばれた。 3人は過疎地の住民に寄り添う看護の実現や救急医療の充実、 精神科医療システムの構築などに貢献した。 表彰式は31日に県庁で行われる。

記事はこちら(PDF)

~2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年  2016年~

Copyright (C)2006- KameiHospital All rights reserved
 
 
 このページはFlashを使用しています。
 お持ちでない方は、お手数ですがFlash player(無料)のインストールをお願い致します。